ラグビーw杯2019年日本代表の新ユニフォームに込められた思いとは?
スポンサーリンク

ラグビーw杯ワールドカップ2019年日本代表の新ユニフォームに込められた思いが奥深すぎる!!!-世界に勝つためのジャージへ生まれ変わりを遂げる。。

 

 

いやぁ、感慨のため息がでるほどです。。。
日本代表の新しいユニフォーム、めっちゃくちゃイカしてません!?!?
かっこいい!!それしか言葉が出ません。文字通り、本当にかっこいいです…

20年以上にわたりラグビー日本代表のユニフォームをデザインし続けてきた「カンタベリーオブニュージーランドジャパン」が総力を結集し、ラグビー日本代表が「世界で勝つ」ための新ユニフォームを開発しました!!!

今回は、ラグビーに求められる究極の機能をとことんまで追求したユニフォームを誕生させました。
相当気合入ってます!!

ああ、もううずうずしちゃいます!一刻も早く、ラグビー日本代表がこの進化版ユニフォームでフィールドに上がるところをこの目に焼き付けたいです!

【兜:KABUTO】をコンセプトに「武士道の精神性」を表現!!

2019年ラグビー日本代表の新ユニフォームは日本人がもつスピリット「武士道の精神」で世界と戦うという意味合いを込めて、「兜:KABUTO」を新たなデザインコンセプトに掲げました。

【武士道】=人としての正義、勇気、思いやり、謙虚さ、誠実、名誉、忠義

【兜】は、武士にとって戦いの場で威厳や地位を誇示し、敵を威圧するとともに、自らの矜持と信念を表すものです。

日本中のラグビームードをさらに盛り上げてくれるユニフォームですね!!

安定の「日の丸カラー」は崩さず赤色と白色のラインをベースに、富士山のご来光を表現したサンライズゴールドのアクセントに加え、「力・ならわし・縁起」を意味する吉祥文様を全体にあしらっています。
エンブレムは日本代表チームのシンボルである「桜」です。

《予備知識:ラグビー日本代表は、【勇敢な桜の戦士】ということで、ブレイブブロッサム(Brave Blossoms) という愛称があります。》

ポジションに合わせて三種類のユニフォームを開発!!

各ポジションで求められる究極の機能を最大限に生かすための、妥協を許さないユニフォームへ進化しました。
フォワード(FW)用をさらにフロントロウ用とセカンドロウ・バックロウ用の2つに分け、バックス(BK)用と合わせて計3種類のユニフォームへ細分化されました。
今まで日本代表のジャージは、フォワード(FW)とバックス(BK)の2種類でした。

ポジションによるプレーの戦い方の違い、選手のそれぞれの体格や動き方合わせ、念には念を入れてデザインされたユニフォームになったんですね!

また、シルエットの追求だけに収まらず、素材や機能などあらゆる面でイノベーションされ、より着やすく戦いやすく進化した【歴代史上最強レベルの日本代表ユニフォーム】が誕生しました。

日本代表選手が実際に着るとこんな感じです。
リーチ・マイケルが着るとさらに様になってますね!

👆👆《真ん中:リーチ・マイケル》👆👆

こちらは、ラグビー日本代表のセカンドユニフォームです。
ネイビーはクールな感じが引き出されて、とってもかっこいいですね!
日の丸カラーもいいですが、個人的にはネイビーの方が好きかも…

ユニフォームを着て応援すると一段と気持ちが持ち上がりますよね!
Amazonで応援グッツとして販売されています!
ぜひ手にとってみてはいかがでしょうか( ´∀` )

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事