プールA|日本(ランキング10位|2019年9月)について|ラグビーW杯(ワールドカップ)日本大会
スポンサーリンク

ラグビー世界ランキング・・・ランキング10位|2019年9月
チーム愛称・・・チェリーブロッサム
W杯出場回数・・・9大会連続9回出場
W杯最高順位・・・プール戦敗退
2015年W杯・・・プール戦敗退

2019年ラグビーW杯(ワールドカップ)日本大会のヘッドコーチ(HC:代表監督)は、ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC:代表監督)になります。

エディー・ジョーンズ前ヘッドコーチ(HC:代表監督)とは大きく戦術が変わっているということで、どのような戦いを今回のW杯でするのか非常に楽しみです!!( ´∀` )

2015年のW杯では、世界ランキング5位の南アフリカを打ち破り、「スポーツ史上最大の番狂わせ」とも評される金星を挙げました。この出来事はほぼ奇跡といっても過言ではありません!!!😂

日本が南アフリカに勝ったという凄さを他の言葉で表すとするならば、
「桐谷美鈴がレスリング選手の吉田沙保里に勝つ」や「11人のクリスティアーノロナウドに勝つ」ぐらいの、想像にもできない、あり得ないような凄さだそうです笑笑

日本の勝利は、「ラグビー史上最大の大金星」として海外メディアでも大々的に取り上げられるなど、日本国内のみならず世界中で話題となりました。
極めつきは、「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J.K.ローリングさんからも「こんなストーリー書けない」とのコメントまでありました(笑)。

ここまで聞くと、日本の勝利は全て運によるものだった気がしますが、ラグビーではほとんど番狂わせが起きず、実力がそのまま結果として表れ出てしまうスポーツです。
ですから、日本の実力を侮ることはできませんし、体格差を戦略で覆す日本の頭脳戦は見物となるでしょう。
今年も日本の快進撃を期待できること間違いなしです!!!!

体格ではどうしても他国に劣ってしまう日本が、今年はどのような頭脳戦を繰り広げるのかが見所となるでしょう。
日本は戦力に長けるしか道はないのですから。(´;ω;`)

日本ラグビーといえば「五郎丸選手」ですが、残念ながら今年は代表選手には選ばれませんでした。
その理由はというと、日本代表ジェイミー・ジョセフヘッドコーチが「FBにもCTB,WTB など他のポジションもこなせる走れる選手」を求めているためです。
五郎丸選手は、フルバック(FB)一筋で来たような選手です。
キックの正確性は、他のだれにも引けを取りませんが、若手にFBの他もマルチでこなせる選手が育ってきているので、そちらを選んでいるのです。
それだけでなく、五郎丸選手本人も前大会での練習の過酷さは常軌を逸していたと語り、そもそも代表に選ばれることに乗り気ではないことを匂わせていました。

エディ・ジョーンズ前ヘッドコーチとの違いは、ラグビーの構造を極力シンプルにして、しんどいことを徹底してやりきろうとしたエディに対し、一人一人が考えないとできない頭脳戦を選手に求めることだそうです。
彼の戦略が今大会でどう転がるのかが肝となりそうですねぇ!

日本が南アフリカを打ち破った「歴史的大金星」ラスト10分の熱戦!


■■日本(ランキング11位|2019年6月)の試合日程

9月20日金曜日19時45分・・VSロシア(ランキング20位|2019年6月)|東京スタジアム(東京都|収容人数約5万人)
9月28日土曜日16時15分・・VSアイルランド(ランキング3位|2019年6月)|小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡県|収容人数約5万人)
10月5日土曜日19時30分・・VSサモア(ランキング17位|2019年6月)|豊田スタジアム(愛知県|収容人数約4万5000人)
10月13日日曜日19時45分・・VSスコットランド(ランキング7位|2019年6月)|横浜国際総合競技場(神奈川県|収容人数約7万2000人)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事