プールB|カナダ(ランキング21位|2019年9月)チームについて
スポンサーリンク

ラグビー世界ランキング・・・ランキング21位|2019年9月
チーム愛称・・・
W杯出場回数・・・9大会連続9度目
W杯最高順位・・・準々決勝敗退(1991年)
2015年W杯・・・予選敗退

今大会の指揮を執るヘッドコーチ(HC:代表監督)は、キングスリージョンズです。

ウェールズ(ランキング2位|2019年6月)代表として活躍した選手でした。2017年よりカナダ(ランキング21位|2019年6月)代表監督をつとめています。

最高成績は1991年大会の8強入りです。
この時は準々決勝でニュージーランドに敗れ、以降は1次リーグ敗退が続いています。
カナダの強みは、大柄な選手が体格を武器にした攻撃を仕掛けられることです。


日本とは互角のチームで、2007、11年大会と続けて対戦し、いずれも引き分けで終わっています。
プールBでは、7人制ラグビーの強化で走力を高め、特にバックスが強化されたのでイタリア、そしてもちろんナミビアには勝つ可能性が非常に高いです。
しかし、今回の優勝候補であるニュージーランドや南アフリカは、カナダぐらいのチームに負けている場合ではないはずなので、予選突破はかなり難しいでしょう。(´;ω;`)
しかし、カナダと互角の日本が2015年のW杯で南アフリカを奇跡的にも破ったことを考えるっと、今回はカナダも南アフリカを倒す気満々でくるかもしれません!!!


カナダ(ランキング21位|2019年6月)の予選の試合は下記の通りになります。

9月26日木曜日16時45分・・VSイタリア(ランキング14位|2019年6月)|東平尾公園博多の森球技場(福岡県|収容人数約2万人)
10月2日水曜日19時15分・・VSニュージーランド|オールブラックス(ランキング1位|2019年6月)|大分スポーツ公園総合競技場(大分県|収容人数約4万人)
10月8日火曜日19時15分・・VS南アフリカ(ランキング5位|2019年6月)|神戸市御崎公園球技場(神戸市|収容人数約3万人)
10月13日日曜日12時15分・・VSナミビア(ランキング23位|2019年6月)|釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県|収容人数約1万6000人)

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事