プールC|アメリカ(ランキング14位|2019年9月)チームについて
Sam Boyd Stadium - Las Vegas Sevens 2014 - USA - HSBC Sevens World Series - Photo Martin Seras Lima
スポンサーリンク

ラグビー世界ランキング・・・ランキング14位|2019年9月
チーム愛称・・・イーグルス
W杯出場回数・・・6大会連続8度目
W杯最高順位・・・予選敗退
2015年W杯・・・予選敗退

アメリカ(ランキング15位|2019年6月)のヘッドコーチ(HC:代表監督)はギャリーゴールドです。南アフリカ出身の52歳です。

アメリカではアメリカンフットボールの方が盛んで、この国ではラグビーは実はマイナーなスポーツとして位置づけされているんです!なんか意外じゃないですか!?
最近では、ラグビー競技者が10万人を超え「するスポーツ」としての人気を高めました!!

代表選手の多くは、アメフト経験者が多いのが特徴です。
傾向的には、アメフトで実績が出なかった人がラグビーに転向することが多いそうです。
それこそ、かのアメリカの第43代ブッシュ大統領は、学生時代に野球を挫折した後、「マイナースポーツだからレギュラーを取りやすい」という理由で、ラグビーに転向したそうなんですよ。( ゚Д゚👇👇

アメリカの伝統的なライバル国はカナダです。
ラグビー世界ランキングでは、日本の方が上ですが、過去に2回日本はアメリカに負けています。今年は、予選では日本との試合はありません。

アメリカの強みは、個々の身体能力が高く、FWはパワー、バックスはスピードを前面に押し出して勝負してくることです。
ここ数年は、強豪とテストマッチを組み、経験値が豊富になってきています。

W杯では、いままで全て一次リーグ敗退で終わっており、いまひとつ頭角を現わせないでいます。(´;ω;`)
今年も、プールにはラグビー母国のプライドをもつ強豪イングランド、そしてフランス、アルゼンチンといった実力では叶わない国ばかりなので、予選突破ならずというところではないでしょうか。
あまり期待はできません。
しかし、アメリカにはメジャーリーグやバスケといった主力なスポーツが沢山あるので、散々な結果でも国民はそこまでがっかりしないのではないかと思いますね、、

👇👇ラグビーアメリカ代表のチーム紹介動画になっております!

ぜひご覧ください( ´∀` )

 

■■アメリカ(ランキング15位|2019年6月)の試合日程

時45分・・VSイングランド(ランキング4位|2019年6月)|神戸市御崎公園球技場(神戸市|収容人数約3万人)
10月2日水曜日16時45分・・VSフランス(ランキング8位|2019年6月)|東平尾公園博多の森球技場(福岡県|収容人数約2万人)
10月9日水曜日13時45分・・VSアルゼンチン(ランキング10位|2019年6月)|熊谷ラグビー場(埼玉県|収容人数約2万6000人)
10月13日日曜日14時45分・・VSトンガ(ランキング13位|2019年6月)|東大阪市花園ラグビー場(大阪府|収容人数約2万4000人)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事